高野電業社が選べれる理由はこちら
ホーム > 太陽光発電システム > 空き地の有効活用

太陽光による空き地の有効活用はこちらから

遊休地を上手に活用

遊休地の新活用方法 遊休地の新活用方法

遊休地の活用方法として、マンションの建設やコインパーキングの設置など、様々な活用方法があります。

その中で、今注目されているのが、『遊休地への太陽光発電システムの設置』です。
人口の少ない場所での土地活用や活用が難しい土地などはございませんか?そのような土地に太陽光発電システムを導入し、『小規模発電所』を作ることにより、遊休地にて蓄電した電力を売電し、大きな収益を有む資産運用方法として今大注目されているのが、遊休地への太陽光発電システムの導入です。

全量買取制度による、遊休地の活用

所有している土地に太陽光発電所を建設

諸条件により有効活用ができない土地などに、太陽光発電システムを導入する事により、その場で発電した電気の全てを電力会社へ売電します。
2012年7月から正式にスタートした全量買取制度にて、平成25年度買取価格が42円(税込)/kWh(※20年間変動無し)と好条件にて売電が可能となります。その為、初期投資額を早期に回収し、利益を産みます

土地を借りて発電所を建設

土地を所有していない方は、遊休地を借りて太陽光発電システムを設置導入する事により、発電した電力の全てを売電する事ができます。地代なども含めた全般的な必要資金に対して回収計画や収益を予測し、より収益性の高い資産活用のプランニングを行います。

太陽光発電システム設置に最適な条件とは?

  • 運用したいが、諸条件で運用が難しい土地
  • 地目が農地以外の土地(農地転用も可能)
  • 土地の整地など、余分なコストがかからない土地
  • 南向きの日当たりが良い土地
  • 資産価値の低い荒地など
  • 山林や、転用許可の出た農地など

その他、『この土地はどうかな・・・?』というような遊休地をお持ちのオーナー様。
髙野電業社では、知識豊富、実績豊富な担当にて、丁寧にプランニングしております。是非お気軽にお問合せ下さい。